Copyright Season Wine All rights reserved.

南アフリカ

Steenberg

ティ

スティーンバーグがあるコンスタンシア地区はケープタウンの南に位置する世界遺産のエリアになります。インド洋と大西洋が、目の前に広がるロケーションです。

一年中吹く強い風と寒暖差のある気候により葡萄の栽培にとても健全な環境にあります。

また高い標高にあるブドウ畑で栽培された葡萄で作られるワインは、キレのある酸味とエレガントさを兼ね備えた綺麗なスタイルです。

この土地はバカンスにも最適でスティーンバーグの敷地内には、ワイン畑だけでなく非常に美しいゴルフのチャンピオンコースと2つの魅力的なレストラン、5つ星のラグジュアリーホテル、そして高級ヴィラも併設。世界中から集うセレブ達にもスティーンバーグのワインが楽しまれています。

Journey's End

1995年にガブ家が南アフリカのワイン産業に進出し、ジャーニーズ・エンドの土地を購入して以来

素晴らしいブドウが育つように、土壌の改良をおこなってきました。

サスティナブル、バイオダイナミックと太陽光発電(2014年)の手法も取り入れ、最高級ブランド

”ジャーニーズ・エンド”を2004年に初リリース。南アフリカのワインガイドブック Platter's でJourney's End Chardonnay 2002で5つ星を獲得しました。

​その後も各国のワイン品評会で数々の賞を取ったプレミアム・ワイナリーで、マスター・オブワインでは英国の女性ワインジャーナリストの第一人者ジャンシス・ロビンソン氏も絶賛された高品質ワインです。

Gabb Family

​ガブ家は、環境に優しいサスティナブル農法を実施しています。

南アフリカが世界に誇る環境基準に完全に則り、WWF(世界自然保護基金)

といった環境に関するワイン造りの規格や団体に参画しています。

またフクロウをブドウ畑で飼っており、げっ歯類などの駆除に役立っています。畑には小麦が植えられており、小麦は上質な土壌を保つのに役立ち、雑草が生えるのを防ぎ、ルピナスとともに土壌の

窒素の量を増やしてくれます。

ソーラーシステムも導入し、環境に優しいエネルギーを使用しております。

近年ではフェアトレードの認証も取得し、環境だけでなく人にも優しいワイン造りを行っています。